CESA:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会

  • MENU
  • 会員専用ページ
  • ENGLISH

プレスリリース

2019年3月30日

報道関係資料

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会

『2020CESA一般生活者調査報告書』発刊!

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:早川英樹、事務局:東京都新宿区西新宿、電話:03-6302-0231)は、この度、一般消費者を対象とした2019年のゲーム利用などに関する調査結果をまとめた報告書『2020CESA一般生活者調査報告書~日本ゲームユーザー&非ユーザー調査~』
(A4判、本文238ページ、税込価格6,600円)を発刊。本日3月30日(月)より全国の政府刊行物取扱書店などで販売を開始いたしました。

 『2020CESA一般生活者調査報告書~日本ゲームユーザー&非ユーザー調査~』は、『CESAゲーム白書』の基礎データとなる「一般消費者のゲーム利用・ライフスタイル」に関する調査結果をまとめたものです。当協会では、日本全国に在住する3~79才の一般生活者を対象に調査を実施。有効回収サンプル数は2,970で、この調査結果をもとに全人口へ拡大推計した数値を報告書にまとめました。

一般生活者の家庭用ゲーム機所有者は4,952万人。家庭用ゲームアクティブユーザーは3,085万人。
家庭用ゲーム継続プレイヤーは1,864万人と推計。

 自宅に家庭用ゲーム機を所有しており、ゲームマーケットの顧客となり得る人たちを「家庭用ゲーム機所有者」、家庭用ゲーム機をプレイすることがある人たちを「家庭用ゲームアクティブユーザー」、家庭用ゲームを継続的にプレイしている人たちを「家庭用ゲーム継続プレイヤー」と定義し、分類したところ、「家庭用ゲーム機所有者」では4,952万人、「家庭用ゲームアクティブユーザー」では3,085万人、「家庭用ゲーム継続プレイヤー」では1,864万人という結果となりました。

ゲーム全体の継続プレイヤー人口は4,562万人。
ハードウェア別の継続プレイヤー人口比較では「スマートフォン/タブレット用ゲーム」が3,328万人でトップ。

 ゲーム全体(家庭用ゲーム、パソコン用ゲーム、スマートフォン/タブレット用ゲーム、携帯電話用ゲーム、アーケードゲーム)のいずれかを継続してプレイしているユーザーを調べたところ、4,562万人という結果となりました。また5つのハードウェア別に継続プレイヤーを比較したところ、「スマートフォン/タブレット用ゲーム」継続プレイヤーが最も多く、3,328万人と推計されました。

家庭用ゲーム機の保有率、1位は「ニンテンドー3DS」、2位は「Nintendo Switch」と「ニンテンドーDS」。
プレイ率1位は「Nintendo Switch」、2位は「ニンテンドー3DS」。

 自宅にある家庭用ゲーム機について、どの機種を保有しているかたずねたところ、保有率1位となったのは「ニンテンドー3DS」で、24.2%(2018年:26.3%)という結果となりました。2位は同率で「Nintendo Switch」と「ニンテンドーDS」で、19.7%(2018年:14.2%/20.2%)でした。
 更に回答者自身がプレイするゲーム機種をたずねたところ、プレイ率1位は「Nintendo Switch」で、14.2%(2018年:10.3%)でした。2位は「ニンテンドー3DS」で10.9%(2018年:12.8%)でした。

家庭用ゲームソフトのレーティングマーク認知度は19.2%。
スマートフォン/タブレット用ゲームアプリのレーティングマーク認知度は14.7%。

 家庭用ゲームとスマートフォン/タブレット用ゲームアプリについて、それぞれレーティングマークの認知度をたずねたところ、家庭用ゲームでは全体の19.2%が知っていると回答しました(「知っていて、実際にマークが表示されているのを見たことがある」+「知っているが、実際にマークが表示されているのを見たことはない」の合計値)。また今回新たにスマートフォン/タブレット用ゲームアプリのレーティングマークの認知度もたずねたところ、全体の14.7%が知っていると回答しました。

【本発表の内容に関するお問い合わせ先】
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
TEL:03-6302-0231/FAX:03-6302-0362
Eメールアドレス:info@cesa.or.jp
CESAホームページアドレス https://www.cesa.or.jp/